税率の違い

海外と国内の税率は違う

企業に課せられる法人税は、不動産や利益に対して必要であるため、利益のための投資活動をする事で回避できる場合もあります。税金を支払うくらいならと、設備投資や移転をする業者は少なくありません。 しかし投資活動以外にも、税金を軽くする方法があります。それは国外に子会社を設立するやり方です。国外と国内のルールは異なりますが、税金も例外ではありません。つまり税率の低い国に会社を設立して、会社の利益を分け与えれば、税金を安くする事ができる可能性があります。昔から税金対策を目的とした子会社の設立は行われていました。

国外の子会社に利益を分ける方法

しかし利益を会社間で譲渡する事は、基本的に不可能です。グループ間の企業であっても、本社と子会社は違うからです。本社から子会社に利益を渡すと、その分だけ本社の力が失われます。逆に得た利益のおかげで子会社の力が強くなるのです。これを永久に繰り返せば会社間のパワーバランスが崩れます。 だから製品や部品を移転価格で子会社に販売するのです。移転価格とは税金対策のために行われる取引における値段です。子会社に安い価格で商品を売れば、それを活かして商売を展開する事ができます。そして本社は移転価格で得た利益を得られるのです。 移転価格は通常の取引よりも安い値段であるため、本社の利益はごく僅かです。しかしながら子会社が利益を得られる上に税金対策も可能であるため、多くのグループ企業がこの方法を採用しています。